利尻ヘアカラートリートメントの色選びのポイントは?

利尻ヘアカラートリートメントの色選びについて

 

利尻ヘアカラートリートメントの色選び

 

シャンプー後に使用するだけで、白髪を段々と染めてくれるのが「利尻ヘアカラートリートメント」。
天然の染料と28種類の美容成分で、髪や頭皮を補修しながら白髪のケアが出来ます。

 

利尻ヘアカラートリートメントのカラーバリエーションは4色。
どの色を選んだら良いか、白髪の染まり具合などを考えても迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は、利尻ヘアカラートリートメントの色選びのポイントについて、詳しく解説したいと思います。

 

 

利尻ヘアカラートリートメントは全部で4色

 

利尻ヘアカラートリートメントは、全部で4色のカラーバリエーションを用意しています。

 

ブラック
ダークブラウン
ナチュラルブラウン
ライトブラウン
(上からトーンが暗い順に記載しています)

 

それぞれのカラーの特徴や色味を解説していきますので、色選びに役立てて下さいね。

 

一番人気ダークブラウンの色味は?

 

利尻ヘアカラートリートメントの全4色の中でも一番人気なのが、ダークブラウンです。
「落ち着いたシックなブラウン」で色はしっかりと入る印象ですが、赤みは抑えられています。

 

しかし、口コミなどでは「色が落ちてくると赤っぽさが出る」という感想を目します。
ですので、色選びのポイントとしては、赤い色味が好きでない人は他の色にするか、こまめに染める事をオススメします。

 

白髪はしっかりと染めたいけれど、いかにも白髪染めをしたという印象になるのは避けたい人に向いている色です。

 

ブラックの色味は?

 

ブラックの色味は、「黒髪に馴染む自然な黒」という印象です。
白髪にしっかりと発色するため、「染まりが良い」という口コミは多く見受けられます。

 

しかし、髪質や地毛の色、使用するシャンプーなどによっては、緑っぽい色味が出てしまうことがあります。
パーマなどの薬液との化学反応でも色味が変わってしまいますので、注意が必要です。

 

ナチュラルブラウンの色味は?

 

利尻ヘアカラートリートメントはもともと3色展開でしたが、2016年8月に後から発売された色がナチュラルブラウンです。
4色の中では2番目に明るいトーンで、公式サイトには「自然な明るめのブラウン」と記載されています。

 

白髪は気になるけど真っ黒はイヤ!と言う方にオススメです。
ライトブラウンよりも赤みを抑えた色味で、自然な印象を与えるでしょう。

 

口コミでも「ちょうど良い茶色になる」と高評価を得ています。

 

ライトブラウンの色味は?

 

4色の中で一番明るいトーンのライトブラウン。
「赤みを帯びた明るめのブラウン」で、人気色です。

 

地毛が明るい人や、オシャレ染めのような色味を希望する人に良いでしょう。
そこまで明るくはなりませんが、自然な明るい髪色になります。

 

ただし、赤みが強く出るという口コミや、白髪が染まりにくいという意見が多く見られます。
色選びの際は、そこを踏まえておきましょう。

 

利尻ヘアカラートリートメントの色選びのポイント

 

利尻ヘアカラートリートメントの色選びのポイント

 

それぞれの色のとくちょうについてお話させていただきましたが、ここからは色選びのポイントについてです。
どのようなポイントを押さえて色を選んだら良いのか、いくつか解説しましょう。

 

地毛の色に合わせて色選びをしよう

 

利尻ヘアカラートリートメントの色選びのポイントは、地毛の色や状態に合わせましょう。

 

白髪が多い・少ない
地毛の色が明るい
パーマやヘアカラーを定期的にしている

 

白髪の量によっては、明るい色で染めるとキレイに染まっていないような印象になる事があります。
また、地毛の色が明るい場合には、暗い色ではムラになる事も。

 

利尻ヘアカラートリートメントはヘアカラーではなく、マニキュアタイプの白髪染めです。
キューティクルを開いて中に色を入れるのではなく、髪の表面に色を付けるという仕組み。

 

地毛まで同じトーンには染まらないのです。
ですので、なるべく自分の髪色に近い色を選ぶと失敗はないでしょう。

 

また、定期的にパーマやヘアカラーをしているという人は、色が抜けた時の色味まで考えて色選びをすると良いでしょう。

 

白髪の量が多い人はまずブラックから

 

白髪の量が多く、とにかくキレイに隠したいという人は、まずはブラックから試してみましょう。
いきなり明るい色を使ってしまうと、思ったような色にならず、「キレイに染まっていない!」となる可能性があります。

 

また、利尻ヘアカラートリートメントは一度で完全に白髪を染めるものではありません。
始めのうちは徐々に白髪が染まっていくので、染まりきるまでの数日、中御半端な色で過ごさなければならない事も考えられるでしょう。

 

ですから、白髪の量が多くそれを隠す事が最優先とお考えの方は、まずはブラックから使ってみて下さい。
ただし、地毛の色が明るい場合や真っ黒な髪に抵抗がある人は、ダークブラウンがオススメです。

 

色を混ぜ合わせてもOK?

 

4色の中に、自身にピッタリの色があれば幸いですが、そうとは限りませんよね。
明るさが足りない、赤みは必要ないなど、「もう少し!」と色選びに困る事があるかもしれません。

 

そんな時は、色を自分で混ぜ合わせて使用してみると良いでしょう。
メーカー側は、色を混ぜ合わせる事はOKなどと推奨はしていませんが、実際にそのように使っている方は多いようです。

 

ただし、色を混ぜ合わせる際には色ムラを防ぐため、ボウルなどでしっかりと混ぜてから塗布しましょう。
また、利尻ヘアカラートリートメント以外の商品と混ぜるのは危険なのでオススメ出来ません。

 

利尻ヘアカラートリートメントの色選びのまとめ

 

利尻ヘアカラートリートメントの色選びのまとめ

 

利尻ヘアカラートリートメントには、全部で4色のカラーバリエーションが用意されています。
それぞれに特徴や色味がありますから、まずはそれを知る事が色選びのポイントです。

 

白髪の量や髪の状態、パーマやカラーをするのかなどを踏まえ、自分に合った色を見つけましょう。
色が抜けてきた際の事も考えて選ぶと、いつもキレイな髪色をキープ出来ます。

 

2つの色を混ぜ合わせるのもオススメですが、別の容器に移してしっかりと混ぜる事や、他の商品を混ぜない事を守りましょう。

 

トップページ


このページの先頭へ戻る