利尻ヘアカラートリートメントは乾いた髪の方が良く染まる?

利尻ヘアカラートリートメントは乾いた髪で染まる?

 

利尻ヘアカラートリートメントは乾いた髪で染まる

 

天然の成分で、髪を傷めずに白髪をケアする利尻ヘアカラートリートメント。
赤ちゃんにも使える成分を使用しており、地肌の弱い人でも安心して使う事が出来ます。

 

しかし、染め方や髪質によって、染まりに差が出るものです。
そこで今回は、利尻ヘアカラートリートメントは乾いた髪に使用した方が良く染まるのかについて、解説したいと思います。

 

使い方や染まり具合に疑問や不満をお持ちの方、もっとキレイに染めたいと思っている方は是非参考にしてみてくださいね。

 

 

利尻ヘアカラートリートメントを乾いた髪に使う方法

 

実は、利尻ヘアカラートリートメントは、始めのうちは乾いた髪の方が染まりやすい、色が定着しやすいと言えます。
実際に口コミなどでも、通常通りに染めても染まらなかったが、乾いた髪に使用したらキレイに染まったという意見も多く見受けられます。

 

通常の染め方と、乾いた髪への染め方について、解説しましょう。

 

通常の使い方

 

利尻ヘアカラートリートメントは、乾いた髪に使用する事も出来ますが、通常はシャンプー後の濡れた髪に使用します。
以下のようなやり方で行って下さい。

 

1:利尻ヘアカラートリートメントを適量、よく濡らした手に取り、全体的にまんべんなく塗り広げる
2:放置時間は10分間。(初めて使用する際には長めに置く)
3:お湯に色が出なくなるまでしっかりとすすぎ、ドライヤーで乾かす

 

シャンプー後にそのまま、素手で染める事が出来るので、とても便利です。
しかし、その際にはしっかりと手を濡らしましょう。

 

そうする事で、手が染まってしまうのを防ぐ事が出来ます。
ただし、爪に付くと中々落ちないため、出来れば手袋などを使用する事をオススメします。

 

また、初めて使用する際には、色をしっかりと付けるために放置時間を長く取りましょう。

 

乾いた髪に塗る使い方

 

乾いた髪に使う際は、以下の方法で行いましょう。

 

1:乾いた髪に、利尻ヘアカラートリートメントを塗る
2:30分〜1時間と長めに時間を置く
3:シャンプーの後、しっかりとドライヤーで乾かしましょう

 

キレイに染めるには、シャンプーをしないという方法もあります。
放置時間にはラップなどをすると、頭皮の熱で染まりが良くなります。

 

乾いた髪に使用するのは、始めの数回もしくは、月に数回程度で良いでしょう。
色がしっかり定着した後は、通常の使い方でも十分に髪色はキープ出来ます。

 

「色が落ちてきたかな?」と思ったら、乾いた髪に使用してみましょう。

 

利尻ヘアカラートリートメントを乾いた髪に使うメリット・デメリット

 

利尻ヘアカラートリートメントを乾いた髪に使うメリット・デメリット

 

利尻ヘアカラートリートメントを乾いた髪に使うのはオススメですが、メリットだけでなくデメリットについても知っておきましょう。

 

メリット

 

利尻ヘアカラートリートメントを乾いた髪に使うのは、以下のようなメリットがあります。

 

1度でしっかりと色が定着する
お風呂で染めなくて良い
放置時間に他の事が出来る

 

やはり、乾いた髪に使用する1番のメリットは、色がしっかりと定着するという事です。
マニキュアタイプである利尻ヘアカラートリートメントは、髪の表面に色を定着させる仕組み。

 

ですから、濡れていない状態の方がしっかりと色がつくのです。
また、お風呂で染めなくて良いので、お風呂場が汚れるのを最小限に抑えられるでしょう。

 

放置時間に家事など、他の事が出来るため時間の有効活用にもなります。
すぐにしっかりと色を入れたい方や忙しい方、お風呂場が汚れるのがイヤという人は、乾いた髪に使用するのがオススメです。

 

デメリット

 

利尻ヘアカラートリートメントを乾いた髪に使うデメリットは、以下のような事が挙げられます。

 

乾いた髪にしっかりと色をつけたい場合、放置時間を長く取る事が推奨されています。
髪にトリートメントを塗った状態で数十分を過ごすのは、苦痛だという方もいるでしょう。

 

また、髪が汚れているとキレイに染まらないというデメリットもあります。
髪の表面に皮脂やスタイリング剤などがついている場合、ヘアカラートリートメントの効果が半減してしまうのです。

 

濡れた髪に使用する場合にはシャンプー後に行うため、そのような心配はありません。
髪が汚れている時や、ワックス、スプレー等を使用している際には、乾いた髪への使用はオススメ出来ません。

 

髪をしっかりと洗って、乾かしてからの使用なら問題はないでしょう。

 

利尻ヘアカラートリートメントと乾いた髪のまとめ

 

利尻ヘアカラートリートメントと乾いた髪のまとめ

 

利尻ヘアカラートリートメントは、乾いた髪に使用する事で、通常よりも色が定着しやすいと言えます。
髪の表面に色をつけていくマニキュアタイプですから、濡れていない方がしっかりと色がつくのです。

 

通常の使い方とは若干異なりますので、注意をしましょう。
また、乾いた髪に使用するには、メリットだけでなくデメリットもあります。

 

放置時間が長い事や、汚れた髪では染まりにくいという事を踏まえて、使用するようにしましょう。

 

トップページ


このページの先頭へ戻る