利尻ヘアカラートリートメントは妊娠中にも使える!安全性は?

利尻ヘアカラートリートメントの色選びについて

 

利尻ヘアカラートリートメントの色選び

 

お腹の赤ちゃんの成長を思うと幸せな気持ちになる反面、お肌も心もデリケートになるのが妊娠中ですよね。
口に入れる物はもちろん、お肌に直接つけるものに関しても、注意深くなるでしょう。

 

また、自分の事にまで手が回りにくい時期は授乳中まで続き、白髪をそのままにしておくのはストレスにもなり得ます。
妊娠中や子育て中でもキレイな髪色を保っておきたい!と思うのが多くの女性の本音でしょう。

 

とは言え、ヘアカラーは妊娠中には良くないという事を耳にしますよね。
では、ヘアカラートリートメントはどうなのでしょうか。

 

そこで今回は、無添加で人気の利尻ヘアカラートリートメントは、妊娠中や授乳中に使用してもOKなのかについて、詳しく解説したいと思います。
併せて、注意点にも触れますので、是非参考にしてみて下さいね。

 

 

妊娠中にカラーリングや白髪染めを避けた方が良い理由

 

「妊娠中には、カラーリングや白髪染めを避けた方が良い」という事を、よく耳にします。
しかし、結論から申し上げると、絶対にしてはダメという事ではありません。

 

避けた方が良いとされる理由のほとんどは、赤ちゃんへの影響というより、妊婦さん本人のために言われている事だからです。

 

肌が敏感になっている
カラー剤の独特の臭いで気分が悪くなる事も
同じ姿勢で長時間いなくてはならない

 

妊娠中は、とにかく敏感な時期。
個人差こそあれ、通常よりもかぶれやアレルギーを起こしやすいのです。

 

また、臭いにも敏感になる人は多く、カラー剤の独特の臭いで気分が悪くなる事も考えられます。
更に、一般の白髪染めに要する時間はおよそ1時間半ほど。

 

カットやトリートメントをすると、更に時間が掛かります。
長時間同じ姿勢でいなくてはならないのは、妊婦さんにとってはつらいもの。

 

リンパ節が圧迫される事でむくんだり、腰痛、お腹の張り、気分悪くなる事も考えられるでしょう。
このように、デリケートな妊婦さんを心配する声から、妊娠中にカラーリングや白髪染めは避けた方が良いと言われているのです。

 

赤ちゃんに良くない成分とは?

 

基本的には、一般的な白髪染めが直接お腹の赤ちゃんに影響する事はないとされています。
しかし、カラー剤の中には「激薬」として扱われている成分もありますから、吸い込んだり、万が一口に入るとなれば非常に危険です。

 

また、肌から吸収された成分胎児にまで届いてしまうという、いわゆる「経皮毒」については、科学的には未だ立証されていないものの、絶対に安全だという保証もありません。
だからこそ、お腹の赤ちゃんの身体を守るのは、やはりママの判断が重要という事になるでしょう。

 

赤ちゃんにとって良くない成分には、以下のような物が挙げられます。

 

ジアミン(化学染料)
タール系色素(化学染料)
パラベン(防腐剤)
レゾルシン(防腐剤)
イソプロパノール(防腐剤)
酸化剤

 

特に、市販の白髪染めにはこれらの化学物質が多く配合されています。
気軽に美容室に行けない時期ではありますが、市販の白髪染めで済ます事はあまりオススメ出来ないでしょう。

 

利尻ヘアカラートリートメントは妊娠中や授乳中の使用も良い

 

利尻ヘアカラートリートメントは妊娠中や授乳中の使用も良い

 

利尻ヘアカラートリートメントは、一般的な白髪染めとは成分もメカニズムも異なる商品です。
結論としては、妊娠中や授乳中の使用も問題ありません。

 

なぜなら、安全性が高いからです。
白髪染め独特の臭いがないため、気分が悪くなる事も少なく使いやすいでしょう。

 

では、利尻ヘアカラートリートメントは、どのように安全なのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

 

利尻ヘアカラートリートメントは安全性が高い

 

利尻ヘアカラートリートメントは、ジアミンやタールなどの化学染料を使用していない、マニキュアタイプの白髪染めで安全性が高いと言えます。
ですから、アレルギーやかぶれを引き起こすリスクがそもそも低いのです。

 

また、パラベン、酸化剤、シリコーン等の髪や肌に負担となる成分は無添加。
ほとんどの配合成分が天然由来です。

 

さらに、天然利尻昆布エキスを始めとした28種類の美髪成分が、髪や頭皮を労わりなから白髪を染めてくれます。

 

妊娠中にオススメ!利尻ヘアカラートリートメントの使い方

 

妊娠中や授乳中の使用できる利尻ヘアカラートリートメント。
妊娠中にオススメの使い方について解説しましょう。

 

利尻ヘアカラートリートメントの通常の使い方は、シャンプー後に浴室でそのまま液を塗って染めていきます。
しかし、妊娠中は浴室では行わない方が良いでしょう。

 

温かい蒸気が充満した浴室の空間では、臭いを強く感じる事があります。
濡れた身体で放置時間を過ごす事で、身体が冷える可能性もあるでしょう。

 

また、頭皮も敏感になっていますから、まだ皮脂を洗い流していないシャンプー前に行う事で、刺激を緩和できるのです。
ですから、妊娠中に利尻ヘアカラートリートメントを使用する際は、シャンプー前に浴室の外で、暖かくして行いましょう。

 

利尻ヘアカラートリートメントを妊娠中に使用する時の注意点

 

無添加で髪やお肌に優しい利尻ヘアカラートリートメントですが、全ての人に絶対に副作用が出ないとは言い切れません。
特に、妊娠中はデリケートで、体質が変化する事もありますから、何が刺激になるかはご本人にも分からない場合があるでしょう。

 

ですから、妊娠中に使用する際には、事前にパッチテストを行って下さい。
また、担当に医師に相談するのも、確実で安心です。

 

利尻ヘアカラートリートメントと妊娠中のまとめ

 

利尻ヘアカラートリートメントと妊娠中のまとめ

 

お肌も心もデリケートな妊娠中には、様々なリスクがある事から、白髪染めは避けた方が良いと言われています。
しかし、それは赤ちゃんへの影響があるという事ではなく、妊婦さん本人のために言われている事なのです。

 

とは言え、一般のカラー剤には「劇薬」扱いもされているような刺激の強い成分が配合されていますから、出来れば避けた方が良いのは事実と言えます。
一方、利尻ヘアカラートリートメントは髪やお肌に刺激となる成分は無添加。

 

ほとんどが、天然由来の成分で出来ています。
ですので、妊娠中や授乳中に使用しても問題ありません。

 

ただし、事前にパッチテストを行い、心配な方は主治医に相談してから使用して下さい。
利尻ヘアカラートリートメントを妊娠中に使用して、ママになってもキレイな髪色をキープしましょう。

 

トップページ


このページの先頭へ戻る