利尻ヘアカラートリートメントは染まらない?

利尻ヘアカラートリートメントは染まらないのか

 

利尻ヘアカラートリートメントは染まらない

 

髪を傷めず白髪が染められると人気の利尻ヘアカラートリートメント。
しかし、「利尻ヘアカラートリートメントは染まらない」という口コミがあるようです。

 

全体的な評価は高く、販売本数も多い人気商品ですが、なぜなのでしょうか。
そこで今回は、利尻ヘアカラートリートメントが染まらないと言われる理由について検証したいと思います。

 

是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

利尻ヘアカラートリートメントは染まらないという口コミの理由

 

利尻ヘアカラートリートメントが染まらないと言われる理由は何なのでしょうか。
それは、染める指しの方法や、他の製品と比較しているという点が挙げられます。

 

詳しく見ていきましょう。

 

染め方が違うと染まらない

 

利尻ヘアカラートリートメントは、染め方が違うとキレイに染まりません。
また、メーカーが推奨している方法でも、髪質や気温などによって、染まりに影響が出る場合もあるのです。

 

トリートメントの量が少ない
放置時間が短い
髪に染料などがついている

 

このような理由によって、利尻ヘアカラートリートメントは染まらないと思っている人がいるようです。
1回の使用量や放置時間などには目安はありますが、髪質や長さ、毛量によって調整しましょう。

 

利尻ヘアカラートリートメントはヘアカラーとは違う?

 

美容室や市販のカラー剤とを比較して、利尻ヘアカラートリートメントは染まらないと判断してしまう人もいるようです。
しかし、そもそもヘアカラートリートメントはヘアカラーとは違います。

 

キューティクルを開いて髪の内部に色を入れるヘアカラーは、1回でキレイに色が入ります。
しかし、利尻ヘアカラートリートメントは、髪の表面に色を付けるヘアマニキュアタイプ。

 

そもそも仕上がりには違いがあるのです。
そこを比較して染まらないと思っていた人は、この後ご紹介するキレイに染めるポイントを参考に、もう一度染めてみて下さいね。

 

利尻ヘアカラートリートメントは染まらない場合は?

 

利尻ヘアカラートリートメントは染まらない場合

 

利尻ヘアカラートリートメントは染まらないという口コミもありますが、キレイに染めるポイントがあります。

 

・乾いた髪に染める
・たっぷりと塗布する
・放置時間を長く取る
・キャップをして温める
・シャンプーで洗わない

 

利尻ヘアカラートリートメントは、シャンプー後の濡れた髪にも使用できます。
しかし、染まらないと感じる場合は、乾いた髪に染めましょう。

 

たっぷりと塗布し、1回目は1時間ほど置くとキレイに染まる場合が多いものです。
また、キャップをして頭皮を温めると、染まりが良くなります。

 

シャンプーで洗わずに、お湯のみでゆすぐのも効果的。
ただし、お湯の色が透明になるまでしっかりとゆすぎましょう。

 

利尻ヘアカラートリートメントのメリット・デメリット

 

利尻ヘアカラートリートメントのメリット・デメリット

 

利尻ヘアカラートリートメントは、マニキュアタイプの白髪染め。
キューティクルを開かないので髪が傷まないというメリットがあります。

 

また、利尻昆布エキスを始めとする28種類の美髪成分が、髪を補修しながら染め上げます。
ジアミンなどの化学染料や、刺激となる成分が無添加という点も、嬉しいポイントでしょう。

 

赤ちゃんにも使えるほどの優しい成分で出来ています。
一方、ヘアカラーとは違い、1回ではキレイに染まらないという点は、デメリットでしょう。

 

定期的に塗らなくてはいけないというのも、人によっては面倒に感じるかもしれません。
また、素手で行うと皮膚や爪が染まってしまう事もあるので注意が必要です。

 

利尻ヘアカラートリートメントが染まらない場合のまとめ

 

利尻ヘアカラートリートメントが染まらない場合のまとめ

 

利尻ヘアカラートリートメントは染まらないという口コミがありますが、そのほとんどは染め方が違うという理由でしょう。
また、マニキュアと通常のケアカラーを比較してしまうと、1度でキレイに染まらないのは性質上仕方がないのです。

 

1度染めたけれど満足いかずに余っているという方は、放置時間や使用する量、使い方を変えてもう一度染めてみて下さいね。

 

トップページ


このページの先頭へ戻る